学校生活

学校生活

総合的な探究の時間 1年生「エシカル消費基礎講座」第3回を実施しました。テーマは「オーガニック、動物配慮」

・9月29日(木)リーベフラウ店長、獣医師 近藤保仁先生 テーマ「オーガニック、動物配慮 など」

 今回の講師さんは、地元石井町でソーセージなどの販売をしている「自然派ハム工房リーベフラウ」店長の近藤保仁先生。リーベフラウでは添加物を一切使わない安全安心な商品が作られていますが、これは近藤先生のドイツでの修行経験が影響しているそうです。ドイツの肉屋にはマイスター制度があり、マイスターの指導の下、屠殺から商品加工までが行われています。その際、豚一頭すべての部位を使用し、命を無駄にしないということをお聞きしました。血のソーセージもあるそうです。また、輸入肉に含まれるホルモン剤(エストロゲン)や遺伝子組み換え食品の健康への問題点を教えていただきました。価格だけでなく健康や環境問題などを考えて、購入する食品を選択することの重要性に気付くことができました。

        

【感想の一部】

・環境先進国のドイツは昔から様々な取り組みをしていてすごいと思った。これからは自分の体に気をつけて食品を買うようにしたいと思った。

・バーベキューの営業は食品ロスを防ぐ意味もあるということを聞いて素晴らしいと思った。また、ドイツのお話で出てきたデポジット制について知りたいと思った。

【探究のタネ】 ・サステナブル ・トランス脂肪酸 ・成長ホルモン ・食品ロスを防ぐ ・健康に良いもの

        ・デポジット制 など

 

 

 

 

9月26日(月)「神山町を知りたい!感じたい!伝えたい!」(徳島グローバルスタンダート人材育成事業)

9月26日(月)「神山町を知りたい!感じたい!伝えたい!」

 ― お隣のすごい町、神山町に行ってきました ―

   名西高校は名西郡石井町にあります。さて問題です。名西郡は2つの町で構成されていますが、もうひとつの町はどこでしょう。正解は「神山町」です。

 神山町は、テレビや新聞を始め各種メディアで取り上げられ、全国的、世界的に注目されていることは皆さんご存じですね。隣にあるすごい町についてもっと知りたい!神山町から学び、私たちにできることを見つけよう!そんな思いで名高生21名が神山町に向かいました。視察を終えて思いました、やっぱり神山町はすごい!。この感動を、海外姉妹校のみんなに伝える予定です。私たちを受け入れてくださった神山町のみなさん、ありがとうございました!

      

1 「進化する神山」の仕掛け人:NPO法人グリーンバレー(事務局長:竹内和啓さん)

 「日本の田舎を、素敵に変える」というコンセプトで、神山町を変化させていくためのリーダーシップをとられているグリーンバレー。事務局長の竹内さんは、神山町のこれまでとこれからのことを語ってくださいました。そして、「ちっぽけに思える小さな一歩が何かを生み出すかもしれない。何でも挑戦してみよう」と話してくださいました。

グリーンバレー事務局長 竹内さん

 

2 「地産地消→地産地食」を推進する NPO法人まちの食農教育(代表理事:樋口明日香さん)

 「私たちは地産地消を、『地産地食』と呼んでいます。みなさん、『地産地食』って、だれにとって、どんな良さがあると思いますか?」と、樋口さんから問いかけられました。お話を伺った後、「良さ」は無限に繋がっていくのだなと思いました。神山町出身の名高生が、小中学生時代、樋口さんたちと農作物を育てた経験を振り返る時間にもなりました。

3  昼食 

 午後からの研修先、城西高校神山校の近くの素敵なお店でのおいしいランチタイム。その後は、役場やサテライトオフィスのある通りを散策しました。

4 城西高校神山校「地域創造学」の見学

(一般社団法人 神山つなぐ公社:理事 梅田 學さん・秋山千草さん・神山校の生徒の皆さん、先生方)  

 午後からはまず、神山つなぐ公社の梅田さん、秋山さんのご指導のもと、城西高校神山校の生徒の皆さんとのワークショップに参加しました。その後は、神山校の皆さんが休閑地の草や木を切り、石垣で補強し、神山小麦やそばを育てている「まめのくぼ」の見学、開発中のラーメンや、手作りの味噌について教えてくださいました。

 

 神山校の皆さんが授業でおこなっている、薪割りやすだちの収穫を私たちも体験させていただきました。

5 神山を感じられる宿「WEEK神山」(株式会社神山神領:代表取締役 神先岳史さん)

 終盤は、神山校での薪割り・すだちの収穫チームと、「WEEK神山」チームに分かれました。最初に宿のそばにある鮎喰川へ。涼やかな川の流れに癒やされました。その後、おしゃれな宿泊棟とフロント・食堂を兼ねた母屋を見学させていただきました。「WEEK神山」が人と人とを繋ぐ場になっていること、地域内外の人たちとともに、未来を見据えながら「WEEK神山」をよりよい場にしようとしていることなどをお話してくださいました。

 

 【感想の一部】

自分の視野を広げられた。同じ高校生が、自分よりもすごいことをしていたので頑張らなくてはいけないという思いになった。

神山の人たちはみんな優しくて、限界を決めない人が多いと感じた。不便なことがあれば自分でなんとかすればいい。なくて困るならば、自分の技術と周りの協力でつくればいいという考え方を持っている人がほとんどだった。神山町以外でも、限界を決めない人が増えれば、どんなことでも協力してくれる、思いやりのある人も増えるんじゃないかと思った。

はじめはせっかくの学校祭の代休を使ってまで行く意味があるのかと思っていた。でも、実際に参加してみると夢中になっていた。神山町民としてなんでも知っているつもりでいたが、竹内さんや樋口さんをはじめとする、実際に地域創生に関わっている大人達の話を聞いて、自分も町民として何かできることはないかと思った。

総合的な探究の時間 1年生「エシカル消費基礎講座」第2回を実施しました。テーマは「プラスチックごみ、海洋汚染、アップサイクル」

・9月22日(木)うずしおクリンアップ 黒川剛史先生 テーマ「プラスチックごみ、海洋汚染、3R など」

 今回の講師さんは、鳴門地域で海岸清掃を行っている「うずしおクリーンアップ」の黒川剛史さん。黒川さんには毎年本校で講義をしていただいています。海ごみにはどのようなものがありそしてどこから来るのか、エシカル消費で海ごみは減らせるのか、エシカル消費で持続可能な社会を目指すための大切な視点は何か、などについて「三方よし」(社会(環境)、消費者、企業の三者すべてが幸せになる)の考え方を取り入れて、わかりやすくお話くださいました。一見三方よしと思われる自分たちや企業の取り組みでも、よく考えたらそうでもないこともあり、現状をクリティカルに考察し改善を繰り返していく姿勢が、未来を良くすることにつながることに気づきました。

   

【生徒の感想の一部】

・アップサイクルという言葉を初めて知り、意味も分かったので勉強になった。

・海岸清掃などのボランティア活動があったら、自分から進んで参加したいと思った。

・街や山に捨てられたプラスティックが川や風によって海に運ばれることに驚いた。身近にある劣化したプラスチックをそのままにしないように気をつけたい。

 【探究のタネ】

 ・今の自分にどれだけのプラスチックが減らせるか ・三方よし  ・アップサイクル 

 ・3R(リユース、リデュース、リサイクル) ・エシカル消費でごみが減らせる  など

 

 

 

 

交通マナーアップ活動

交通マナーアップ活動(交通委員会)

交通委員会を中心に徳島名西警察署,名西交通安全協会,石井町役場の方々と連携し,交通マナーアップ活動を行いました。あいにくの天候でしたが,爽やかな挨拶が響いていました。

 

総合的な探究の時間 1年生「エシカル消費基礎講座」が始まりました。 第1回のテーマは「エシカル消費とは」

 本校の「総合的な探究の時間(藤波タイム)」では、3年間を通してエシカル消費をテーマに探究活動を展開しています。1年生の2学期はエシカル消費について知ることを目的として、学校外の様々な専門家の方々に講義をしていただく「エシカル消費基礎講座」を開催しています。毎回の講座において一番気になったことを「探究のタネ」として残しておいて、3学期以降の探究活動に役立てていきます。その第1回目が実施されました。

・9月15日(木)四国大学短期大学部 加渡いづみ先生 テーマ「エシカル消費とは」

 本校の「総合的な探究の時間」の立ち上げ時から加渡先生にはたくさんのアイディアやアドバイスをいただいています。毎年1年生の「エシカル消費基礎講座」の第1回目は、加渡先生にエシカル消費とは何かということについてお話していただいています。

 自分の消費行動において「環境への配慮」、「生産者の幸せ」、「地域の元気」の3つの視点を持つことがエシカル消費で、そのことによって世界を変えることができる。すなわち、一生続く私たちの買い物には未来をよりよい方向に導く力がある。いろいろなマークがついているものは少し値段が高いかもしれないが、それには理由がある。消費者の行動は意思表示であり、買うことで地域や生産者、事業者を応援できる。など、私たちの今後の何気ない消費行動についての指針をいただくとともに、エシカル消費とは何か、わかりやすく教えていただきました。今後様々な分野のことを学んでいきますが、この第1回の講座は私たちに学びの軸を与えてくださったように思います。

  

【生徒の感想の一部】

エシカル消費という言葉を聞いたことがなかったので、詳しく知ることができてよかった。自分たちの買い物が未来や世界を良くすることができるということを頭に入れて生活したいと思った。【探究のタネ:被災地への応援消費】

・フェアトレードマークがついたものは高いけど、作った人にもしっかりとお金が届いているのだと思うと、これが本来の物の値段なんじゃないかと思った。【探究のタネ:過去と現在と未来を考える】

 一番印象に残ったのは「アース・オーバーシュート・デー」です。地球が1個では足りないと知って驚きました。また、バイコットを意識してエシカル消費を心がけたいと思いました。【探究のタネ:アース・オーバーシュート・デー】

 

 

 

 

 

リモートでの表彰伝達・第2学期始業式が行われました。

9月1日(木)9:20~10:10 

Zoomにより表彰伝達・第2学期始業式が行われました。

表彰された皆さん,おめでとうございます。

 

始業式では,学校長より

「2学期はさまざまなことに積極的・主体的に取り組んでみてください。」、

「『先生に分かりやすく教えてもらって、よく分かった。』ではなく,

『先生にやり方を教えてもらって,自分でやってみてできるようになった。』となるよう

頑張ってみてください。」とのお話がありました。

 

始業式終了後は各課からの連絡があり,その後各教室で服装頭髪検査が実施されました。

 

 

 

 

 

 

進路座談会~先輩に学ぼう~

8月16日,本校卒業生に大学や専門学校での学生生活を語ってもらう進路座談会を

ZOOMによるオンラインで開催しました。

1年生,2年生,3年生がそれぞれ学年ごとに教室に集まり,先輩の言葉に熱心に耳を傾けました。

  

卒業生は,高校生活でやっておくべきことや受験勉強のアドバイス,県外での一人暮らしについてなど,さまざまな話題について熱く語ってくれました。在校生にとって自分の進路について真剣に考えるよい機会となりました。

 

石井町納涼「夏祭り」ボランティア

 令和4年8月6日(土)にOKいしいパークで,石井町納涼夏祭りが開催されました。本校生徒7名は,ボランティアとして夏祭りに参加させていただきました。活動内容は,ゴミの分別の呼びかけと会場や会場周辺のゴミ拾いでした。石井町役場の職員の方々からレクチャーをしていただいたり,回収されたゴミがどのように処理されるのか説明を伺ったりしながら,楽しく活動できました。石井町役場の方々,大変お世話になりました。