学校生活

2020年12月の記事一覧

人権に関する児童生徒の作品で知事賞・教育長賞・理事長賞受賞

12月13日(日)に「令和2年度 人権に関する児童生徒の作品」募集の表彰式が徳島県立二十一世紀館すだちくん森のシアターで開催され、以下のように多数の本校生が表彰されました。なお、作詩作曲部門は本校生が3年連続で知事賞を受賞し、標語ポスター部門は授与される3賞全てをとるという快挙を成し遂げています。

◇ 作詩作曲部門
  知 事 賞:24HR(全員)

◇ 標語ポスター部門
  知 事 賞:大迫 百々香(1年)
  教育長賞:山根 萌々香(1年)
  理事長賞:山本 心結(1年)

<受賞し展示された標語ポスター3点>

校内球技大会

各競技の決勝,三位決定戦,バレーは教員とのエキジビジョンマッチがあり,盛り上がりました。

防災避難訓練(火災)

12月16日(水) 1限目に避難訓練(火災)を行いました。

火災が発生し,校内の危険箇所を通らずに避難する想定で運動場に避難しました。

実際の火災を予想した訓練ができており、迅速かつ適切な行動が行えていました。

これからも継続して訓練を実施し、安全意識を高めるようにします。

エシカル消費基礎講座 ~貿易ゲーム~

 12月3日(木)の6,7限目に,1年生総合的な探究の時間「エシカル消費基礎講座」の第9回目を開催しました。講師は,四国大学の加渡いづみ教授。今回は貿易ゲームを通して世界の国々の結びつきの仕組みを体験する中で,今自分にできることは何かについて考えることができました。様々な国々が助け合う,分かち合う,話し合う,つながり合うことで,自国だけでなく互いの国々が幸せになる地球になれる実感をゲームを通して得られることができました。またそのことによって,「普段の生活の中で何か物を買うときに,(自分の満足)+(誰かのため,どこかのため,未来のため)を意識してほしい」という加渡先生からのメッセージをしっかり理解して受け取ることができました。