芸術科 美術

「美術 大スキ!!!・新しい自分にチャレンジ」

 芸術科美術では、美術の基本的な知識や技能を身に付けるとともに、専攻(油絵・日本画・デザイン・彫刻)などで、制作活動を行っています。
 高校生のみなぎるエネルギーを思う存分、制作に打ち込むことができ、たいへん充実した生活を送ることができます。美術の世界を追究するため日々、努力しています。

                     

 

 

 

 

 

◎専門科目

1年 2年 3年
素描
美術概論・構成
日本画基礎 美術史
油絵基礎

専攻実技  ○日本画

      ○油 絵

      ○ビジュアルデザイン

      ○彫刻

      ○は選択履修となります。

彫刻基礎
デザイン基礎
芸術科 美術

芸術科 美術

「徳島県産GAP認証野菜を使用した商品」の発表に係る知事への表敬訪問

 徳島県とセブン-イレブン・ジャパンが共同で徳島県産GAP認証野菜を使用した商品を開発し,その啓発ポスターデザインを本校生徒が考えました。その商品発表の場にイラストを制作した美術コース2年生の瀧口汐音が学校長と出席しました。県庁応接室で知事や大勢の関係者の方々に作品についての思いを伝えることができました。

 

 

 

 

 

 

 

高文祭美術・工芸部門開催

 徳島県高文祭美術・工芸部門が11/4〜6に開催されました。3年ぶりの通常開催で、交流会や講評会も行われ、会場のあわぎんホールは、かなりの賑わいを見せました。他校の力の入った作品にたくさん刺激をもらい、今後の制作に活かされていくでしょう。

優秀賞(全国総文祭出品) 藤川綺月

優良賞(近畿総文祭出品) 宇山和希

奨励賞 中原実乃里

    藤川綺月

    田中徠夢

 

 

 

 

日本画専攻「箔の実習」を行いました

本日4限~6限に美術コース日本画専攻の2年生が、講師先生による箔の実習を受けました。

洋金箔や銀箔といった、初めて扱う画材に生徒たちは興味津々の様子でした。

とても繊細な箔の扱いに苦戦しつつも、楽しく学ぶことができていました。

生徒たちには様々な画材や技法に触れ、表現の幅を広げていってほしいと思います。

 

 

受験シーズン本番

 

9月頃から始まった秋の受験も11月にピークを迎えます。

美術コースでは,3年生がそれぞれの目標に向かって,素描や油絵,着彩など様々な課題に取り組んでいます。短いもので2時間,長いもので7~8時間の課題があり,それぞれの難しさがあります。残された時間で描ける枚数には限りがあります。体調に気を配りつつ,一枚一枚大切に取り組んでほしいですね。

美術コース 第76回徳島県美術展(県展) 入賞者発表

2022年9月24日(土)~10月2日(日)あわぎんホールにて

第76回徳島県美術展(県展)の審査が行われました。

本校美術コースの生徒が次のような成績を残すことができました。

【日本画】   奨励賞 3年 関原 里桜

         入選 3年 井上 花菜

            3年 交合 智紗希

            2年 勝間 萌唯

【洋画】    準特選 3年 立花 心

         入選 3年 泉 亜結莉

            3年 川口 弥子

            3年 多田 彩音

            3年 山根 萌々香

【彫刻】     入選 3年 井高 湖春

            3年 中西 ほのか

            2年 藤川 綺月

【デザイン】 県知事賞 3年 森木 彩巴

         特選 3年 圓藤 美希

        準特選 3年 天羽 姫凛

        奨励賞 3年 笹橋 菜那

            3年 山本 心結

         入選 3年 天羽 姫凛

            3年 笹橋 菜那

            3年 林 心愛

            2年 菅野 眞子

            2年 瀧口 汐音

            2年 中原 実乃里

 

生徒たちはそれぞれの結果を受けとめ、次の制作への糧としてほしいと思います。

 

紙芝居寄贈式 石井町役場

9月7日(水)石井町役場特別応接室で紙芝居「徳島のむかし話」の寄贈式がありました。美術コース2年生の制作した紙芝居を,小林智仁石井町長に美術コース2年生の2名が手渡しました。石井町広報誌や石井町ケーブルテレビの取材も受けました。今後,様々な場面で使われていく予定です。

高文連 人物デッサン会

8/17-18の2日間、3年生4名2年生2名が人物デッサン会に参加してきました。

高校生にとって人物モデルを描く機会は、なかなか無いので、貴重な機会となりました。2時間のクロッキーと3時間のデッサンを2日間行い、クタクタになるまで描きました。

 

 

 

全国総文祭 美術・工芸部門参加

本校からの2名と他校の5名と計7名で、「とうきょう総文2022」に徳島県代表として来ています。

7/31は、上野の東京都美術館で全国展を鑑賞しました。素晴らしい作品群に刺激を受けながら、その中にある自分の作品を観て、次の作品の制作意欲が湧いたのではないでしょうか。

8/1は浅草公会堂で、部門開会式と講演会に参加しました。講演会の講師は、「おいしい牛乳」や「キシリトールガム」、eテレ「デザインあ」などで知られる佐藤卓氏でした。デザインとアートの違いや、広告から商品開発に至るまでの実体験など、分かりやすい言葉で深い内容が沁み込んでくる素晴らしいお話を聞くことが出来ました。

明日は交流会で全国の高校生と関わる機会を持ちます。最後まで、真剣に楽しんで実り多い経験にしてもらいたいと思います。