芸術科書道 概要

  芸術科書道では、将来、書道の専門家となるために必要な、基礎的な能力を育てることを目標として学習しています。
  また、作品の制作を通して、文字の持つ造形の面白さや多様な表現方法を理解するとともに、心豊かな人間性の育成を目指し、日々努力しています。

   
   
   

◎専門科目( ○は選択履修、●は他教科と選択履修)
 1年 2年 3年
 漢字の書 漢字の書 漢字の書
 仮名の書 仮名の書 ○仮名書法
  漢字仮名 ○漢字仮名
  交じりの書 交じり書法
  応用の書 応用の書B
   ●篆刻・漢字
 書道概論 書道概論 文字概論
 文字概論 文字概論 鑑   賞
  鑑   賞 
作品装丁
 

日誌

芸術科書道 >> 記事詳細

2019/07/31

第43回全国高等学校総合文化祭 書道部門

| by:芸術科書道
第43回全国高等学校総合文化祭 2019さが総文祭 書道部門
                        令和元年7
月28日(日)~30日(火)
                                     唐津市・唐津市文化体育館
     


本校から第43回全国高等学校総合文化祭 2019さが総文祭 書道部門に,芸術科書道コース3年内田志乃さん 麻植柚花さん 笠井柚季さんが参加しました。

交流会では,羽をかたどった名尾和紙に未来に向けたメッセージを書き、バルーンに貼り付け、合作を完成させました。また、佐賀出身の書家・中林梧竹さんの作品を唐津市近代図書館にて鑑賞し、「なりきり梧竹さん」となり、豆色紙に梧竹さんの作品を揮毫して追体験をしました。

全国から出品された300点の作品の中から,3年 笠井柚季さんの「臨 魏霊蔵造像記」が特別に選ばれました。


特別賞・・・奨励賞に次ぐ43点に与えられる賞 

      

16:52