お知らせ

祝 書の甲子園 全国優勝
世界の高校生達が,若い力と情熱を傾け,腕と感性を競い合う「書の甲子園」第29回国際高校生選抜書展において,徳島県立名西高等学校が全国優勝を果たした。この大会は,高校生の書道レベル向上,書道教育の振興などを目的創設された日本最大規模の公募展である。全国優勝は国内外の約800の参加団体から1校のみに与えられる最高賞である。過去に参加した国は約50カ国に上り,昨年度の参加国は,アメリカ合衆国,イタリア共和国など13カ国であった。今回の受賞は徳島県初の快挙であり,地区入賞の常連校である名西高校にとっては,長年果たすことができなかった悲願の達成となった。表彰式は令和3年2月21日(日)に毎日新聞大阪本社「オーバルホール」で開催され,全国優勝校が書道パフォーマンスを披露する。また,地区優勝校は,阪神甲子園球場で開幕する春の選抜高校野球大会の入場行進を先導する校名プラカードを揮毫することになっており,名西高校は,2021年度四国地区出場校のプラカードを揮毫予定である。

毎日新聞(2020・11・26)掲載