日誌

お知らせ >> 記事詳細

2015/07/21

PTA大学訪問

| by:Web担当者..

今年は京都市の龍谷大学,京都橘大学に分かれて見学に行きました。まず,龍谷大学に到着して見学者9名がバスを降り,その後バスは山科区にある京都橘大学に向かいました。
龍谷大学は仏教系の総合大学であり三つのキャンパスがありますが,今回は深草キャンパスを見学しました。主に文系の6学部と短期大学部があり,落ち着いたレンガ造りの建物と最新のガラス張りの建物が共存していました。そのガラス張りの図書館で入試課の方から説明を受けました。講義室もガラス張りで,学生が自由にレイアウトして学び合ったり,ディスカッションできる可動式の机や椅子を備えたスペースまで設けられていて,すばらしい学びの環境が整っていました。一角には大手コーヒーチェーンの店舗も併設され,お洒落な雰囲気でした。その後は,徳島出身の4年生の学生さんからキャンパスを案内していただきました。現在就活中だそうで,たくさんある食堂やカフェの違い,図書館での過ごし方やご自身の大学受験,学生生活,下宿の家賃やアルバイトのことなど,どんな質問にも気さくに答えていただき,非常に参考になりました。今年四月に入学した本校卒業生にも会うことができ,大変有意義な見学となりました。終了後徒歩でJR稲荷駅に行き,JRで京都駅に移動しました。

京都橘大学は,山科の丘陵にある閑静なキャンパスに文・人間発達・現代ビジネス・看護・健康科学の5学部があります。前身の橘女子大学が共学化され京都橘大学となって10年ということですが,緑豊かで美しい構内は女子大の雰囲気を受け継いでいるようでした。まず大学について説明を受けた後,書道の授業風景を見学しました。少人数で和気藹々とした様子が見受けられ,作品も見応えのあるものでした。さすがに学生書道で実績のある大学だと感じました。また,構内を案内してくださった学生さんの爽やかでよどみないお話ぶりに,教育レベルの高さがうかがわれました。大学卒業後の進路,就職の状況や特色についても詳しく説明していただき,知名度だけではなく,教育内容の実質的な充実度を大学選びの尺度とすべきだ考えさせられました。

 京都駅で龍谷大学・京都橘大学それぞれの参加者が合流し,昼食に買い物にと自由行動をした後,予定通り午後3時半帰途に着きました。



15:19