部活動 > 弓道
 

お知らせ

部訓  『一射絶命』
部員数  男子 14名  女子 4名
主将より  
  私たちは、この一年間それぞれの目標を持ち、大きな成長をとげたと思います。名西弓道部には『努力は運を左右する』という言葉があります。これには真面目に素直に休まずにという部の教訓の意味が込められています。弓道部は堅苦しいというイメージがありますが、実はみんな明るく楽しく練習に取り組んでいます。
  弓道を始めると姿勢が良くなり、集中力がつき、現代社会で失われがちな日本の伝統や礼儀作法を習得することができます。そして、夏の暑さにも、冬の寒さにも負けない強靱で健康的な体づくりが無理なくできます。伝統ある弓道部のさらなる飛躍を目指して私たちは日々頑張っています。
顧問より 
  名西高校弓道部はこれまで数々の実績をあげた、県下でも有力な部です。練習は本校弓道場にて毎日練習をしています。ほとんどの部員が高校に入ってから弓道を始めており、指導者や上級生から教わりながら技術を身に付けています。また、礼儀や協調性など、スポーツマンシップの体得も重んじています。
  弓道の本質は、自己と弓・矢・的 の合一にあると言われますので、集中力や精神力を鍛えながら技術を磨いています。  向上心とやる気のある人の入部を期待しています。
 

日誌

弓道 >> 記事詳細

2014/12/19

弓道部 県高等学校弓道新人大会

| by:弓道部

平成26年12月13日(土) 於:鳴門大塚スポーツパーク弓道場

徳島県高等学校弓道新人大会 兼 阿讃高等学校弓道大会予選


男子団体 : 吉住・富﨑・岡田・清水・中内・花井・正美  19中/40射 6位
女子団体 : 原・財田・久米・宮本  14中/40射  8位


 新チームになって初めての,5人立ちの大会でした。期末考査明けの大会だったので,なかなか練習時間も確保できない中での試合でした。雪がちらちらと降る寒い日でしたが,寒さに負けずに弓を引きました。

 上位4チームによる決勝トーナメントには進めませんでしたが,来年2月の阿讃大会への出場権を男女とも獲得することができました。

 男子は,予選1回目低調なスタートでしたが,2回目で復調予選6位でした。1回目から好スタートをきれると十分決勝に残る力を持っていると思います。次回に期待したいです。
 女子は部員不足のため4人での出場でしたが,それぞれが落ち着いて行射,見事出場権を獲得しました。

  

 


16:33